FC2ブログ
トムソーヤのあゆみ
1990年 3月 「親の会クシィディガルバ」(おじぞうさんの意味)
         「子供の会トムソーヤクラブ」発足
1990年 4月 全国LD親の会参加近畿ブロック参加
1990年 8月 上野一彦教授講演会開催(草津勤労福祉センターにて)

1994年 3月 学習障害LDの相談会実施(草津市)

1995年3月10日 「クシディガルバ」から滋賀県学習障害(LD)児・者「トムソーヤ」改名
1995年4月、5月 学習障害LDの相談会実施(彦根市)

1996年11月 平谷美智夫先生講演会開催(守山市)

1998年 6月 滋賀県知事立候補者に質問状を送る
1998年10月 滋賀県教育委員会教育長へ要望書提出

1999年 1月 正式名称を滋賀県LD親の会「トムソーヤ」とする
1999年 9月 県議員代表質問のため吉田議員訪問。
         同24日LD児についての代表質問される
1999年 9月 県議員一般質問

2000年 青年部発足
2000年 8月 学習障害LDの相談会実施(甲良町)

2001年11月 全国LD親の会山岡修事務局長講演会開催
2001年11月 滋賀県教育委員会教育長へ要望書提出

2002年 6月 滋賀県知事立候補者に質問状を送る
2002年 6月 県庁訪問

2003年 4月 教育相談会・合宿を滋賀LD教育研究会と親の会の共同開催へ
2003年 6月 県庁訪問
2003年 9月 以降3ヶ月連続、特別支援教育学習会開催
2003年11月 北脇三知也先生特別支援教育学習会開催(彦根市)

2004年 7月 会報誌「トムソーヤ通信」100号記念号発行
2004年 9月 県庁訪問
2004年 9月 滋賀県特別支援教育推進協議会へ意見書提出

2005年 9月 県庁訪問

2006年 4月 発達支援ネット(※後のJDDネット滋賀)発足
2006年 7月 県庁訪問

2007年 6月 県庁訪問
2007年 9月 JDDネット滋賀設立総会

2008年 6月 県庁訪問

スポンサーサイト
【2008/12/25 10:49】 | トムソーヤのあゆみ | page top↑
トムソーヤ入会手続き
トムソーヤ入会手続き

トムソーヤでは、LD(学習障害)児・者のお子さんをもつ保護者の方で、
定例会や学習会などの活動に参加できる方を対象にしています。
会員種別は正会員のみですが、お子さんの年齢により、年会費が違います。
専門機関等での診断の有無を入会条件とはしていません。

----------------------------------------------------------------------------


会  費
18歳未満 年額6,000円 (年度途中は月額500円)
18歳以上 年額3,000円 (青年部所属)

入会手続
メールにて事務局までお問い合わせ、ご相談ください。
(連絡先・氏名を記載してください)
 ① ゲストとして参加できる行事をメールでお知らせします。      
 ② ゲスト参加希望の行事を申し込んでください。
(注) お電話でのお問い合わせ、ご相談はお受けしておりません。

メールメールはこちらから

☆入会申込書がダウンロードできます。ご利用ください。
入会申込書(PDFファイル)印刷して、必要項目を手書きでご記入してください。
入会申込書(DOCファイル)パソコンで入力・印刷できます。
☆入会申込書の記載欄の「メール配信」・「会報郵送」について・・・(必ずご記入ください)
◆会報は現在二通りの受け取り方法があります。
①トムソーヤ会員専用Webページ(http://otsu.cool.ne.jp/tomusoya/) の更新、パスワードの変更のお知らせをメール配信にて受け取り、その中の会報ページ(過去三カ月の会報が記載)で閲覧、必要があれば自分で印刷する方法。(この方法をご希望の方はメール配信希望するに○をしてください)            
②郵送費自己負担で、会報を印刷物としてを自宅に郵送で受け取る方法。(この方法をご希望の方は郵送を希望するに○をしてください)
①②の両方を利用している会員もいます。(この場合は、メール配信希望にも郵送希望にも○してください)


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader (無料)が必要です
【2008/12/25 10:11】 | トムソーヤ入会手続き | page top↑
トムソーヤ会則

トムソーヤ会則

(名称)

第1条   本会は「滋賀LD親の会トムソーヤ」という。

 

(事務所)

第2条   本会の事務所は、事務局の担当役員宅におく。

 

(目的)

第3条   本会は、LDADHD、自閉症スペクトラム(以下「LD等発達障害」という)とその周辺の者への  理解と適切な指導及び教育的配慮、公的援助の確立を目指すための活動をする。

 

(事業) 

第4条   本会は第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。

(1)        学習会、定例会、講演会の開催

(2)        トムソーヤ親子合宿

(3)        その他、本会の目的に合致する事業

 

(会員)

第5条     本会は、LD等発達障害者の親及びその周辺の者の親及び会の趣旨に賛同する者を会員とし、会員の種類は次の2種類とする。

(1)正会員・・・LD等発達障害者の親及びその周辺の者の親で、活動に積極的に参加できる者。

(2)サポート会員・・・本会の活動の目的や趣旨に賛同していただける方で、サポートする立場で活動に積極的に参加していただける方。

 

(役員)

第6条       本会に次の役員をおく

会長   副会長   会計   事務局   会計監査 

 

(役員の選任) 

第7条     役員は総会において選任する。会計監査は前々年度の役員から選任する。

 

(役員の任期)

第8条          役員の任期は1年とする。ただし再任を妨げない。補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期とする。

       2 役員は任期終了後でも、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。

 

(役員の任務)

第9条     会長は本会を統括し代表する。

       2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは職務を代理する。

       3 会計は、本会の会計を担う。

       4 事務局は、各事業の運営をスムーズに行うための補佐をする。

       5 会計監査は決算内容について監査し、総会において報告を行う。

 

(機関・議決)

第10条  本会の議決を行う機関として、総会及び役員会をおく。

       2 総会は正会員総数の1/2以上の出席(委任状を含む)をもって成立し、多数決をもって議事を決する。

       3 総会は会長が招集するものとし、毎年1回以上開催し、次の事項を議決する。

(1)       年度事業計画及び予算 

(2)       年度事業報告及び決算の承認

(3)       役員の選任

(4)       その他、本会の運営に関する重要事項

       4 役員会は会長が招集し、総会に付託すべき事項及び総会の議決に関する事項及びこの会の日常の運営に関する事項を議決し執行する。議長は会長が務める。

       5 役員会は役員の1/2以上の出席をもって成立し、多数決をもって議事を決する。

 

(事業年度)

第11条  本会の事業年度は、4月1日から翌年の3月31日とする。

 

(会費)

第12条  本会の会費は別に「滋賀LD親の会トムソーヤ会費規定」を設ける。ただし、毎年の総会において承認を得なければならない。

 

(慶弔)

第13条  本会の慶弔については別に「滋賀LD親の会トムソーヤ慶弔規定」を設ける。ただし、毎年の総会において承認を得なければならない。

 

(会則の改正)

第14条  本会の会則の改正は総会において2/3以上の賛成をもって決する。

 

附則        この会則は、平成7年4月1日より施行する。

この会則は、平成11年4月18日より改定する。

この会則は、平成12年4月16日より改定する。

この会則は、平成13年4月8日より改定する。

この会則は、平成14年3月24日より改定する。

この会則は、平成21年4月12日より改定する。

この会則は、平成24年4月22日より改定する。


【2008/12/25 10:01】 | トムソーヤ会則 | page top↑
| ホーム |