FC2ブログ
トムソーヤ会則

トムソーヤ会則

(名称)

第1条   本会は「滋賀LD親の会トムソーヤ」という。

 

(事務所)

第2条   本会の事務所は、事務局の担当役員宅におく。

 

(目的)

第3条   本会は、LDADHD、自閉症スペクトラム(以下「LD等発達障害」という)とその周辺の者への  理解と適切な指導及び教育的配慮、公的援助の確立を目指すための活動をする。

 

(事業) 

第4条   本会は第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。

(1)        学習会、定例会、講演会の開催

(2)        トムソーヤ親子合宿

(3)        その他、本会の目的に合致する事業

 

(会員)

第5条     本会は、LD等発達障害者の親及びその周辺の者の親及び会の趣旨に賛同する者を会員とし、会員の種類は次の2種類とする。

(1)正会員・・・LD等発達障害者の親及びその周辺の者の親で、活動に積極的に参加できる者。

(2)サポート会員・・・本会の活動の目的や趣旨に賛同していただける方で、サポートする立場で活動に積極的に参加していただける方。

 

(役員)

第6条       本会に次の役員をおく

会長   副会長   会計   事務局   会計監査 

 

(役員の選任) 

第7条     役員は総会において選任する。会計監査は前々年度の役員から選任する。

 

(役員の任期)

第8条          役員の任期は1年とする。ただし再任を妨げない。補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期とする。

       2 役員は任期終了後でも、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。

 

(役員の任務)

第9条     会長は本会を統括し代表する。

       2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは職務を代理する。

       3 会計は、本会の会計を担う。

       4 事務局は、各事業の運営をスムーズに行うための補佐をする。

       5 会計監査は決算内容について監査し、総会において報告を行う。

 

(機関・議決)

第10条  本会の議決を行う機関として、総会及び役員会をおく。

       2 総会は正会員総数の1/2以上の出席(委任状を含む)をもって成立し、多数決をもって議事を決する。

       3 総会は会長が招集するものとし、毎年1回以上開催し、次の事項を議決する。

(1)       年度事業計画及び予算 

(2)       年度事業報告及び決算の承認

(3)       役員の選任

(4)       その他、本会の運営に関する重要事項

       4 役員会は会長が招集し、総会に付託すべき事項及び総会の議決に関する事項及びこの会の日常の運営に関する事項を議決し執行する。議長は会長が務める。

       5 役員会は役員の1/2以上の出席をもって成立し、多数決をもって議事を決する。

 

(事業年度)

第11条  本会の事業年度は、4月1日から翌年の3月31日とする。

 

(会費)

第12条  本会の会費は別に「滋賀LD親の会トムソーヤ会費規定」を設ける。ただし、毎年の総会において承認を得なければならない。

 

(慶弔)

第13条  本会の慶弔については別に「滋賀LD親の会トムソーヤ慶弔規定」を設ける。ただし、毎年の総会において承認を得なければならない。

 

(会則の改正)

第14条  本会の会則の改正は総会において2/3以上の賛成をもって決する。

 

附則        この会則は、平成7年4月1日より施行する。

この会則は、平成11年4月18日より改定する。

この会則は、平成12年4月16日より改定する。

この会則は、平成13年4月8日より改定する。

この会則は、平成14年3月24日より改定する。

この会則は、平成21年4月12日より改定する。

この会則は、平成24年4月22日より改定する。


スポンサーサイト
【2008/12/25 10:01】 | トムソーヤ会則 | page top↑
| ホーム |